忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

制作の日々。

こんばんわ、arusoraです!

さてさて、ずいぶん寒くなってまいりました…毎朝寒さで目が覚める日々。エアコン様様です!
こちらのサイトで取り掛かっているご依頼の制作のほうが、難所に差し掛かり早数日。
やはり、一枚絵は一筋縄ではいかないですね…w
胸を叩いてお受けしたお仕事ではありますが、前回に続き、悪戦苦闘中です…w

と、いうのも、1枚の絵の中に描くキャラが増えれば増えるほど、色数も増えるわけで、その分手間も大変増えるんですね。それを複数枚となると、やはり根気がいるわけで、毎日自分の精神力との大乱闘です!w

そういう自分の弱さが、まだまだだなぁと実感しつつ、ペンタブを握る日々。
どこまで自分にできるのか、ある意味挑戦ですね…!
まるでエベレストに挑戦する登山家みたい…と、言ったら失礼になりますが、今まで大量の一枚絵を作成するという依頼は受けたことがないので、未知の領域への挑戦、ということでそんな表現になったわけです。
(一応過去に30枚ほど一枚絵を描いた経験もあるのですが、サークル作品でしたし、報酬をいただいて作る作品とは、若干勝手が違うわけです。)

年末年始は予定が色々と詰まっていて、大変になりそう…どうなることやら…

そんなこんなで落書き投下。



EDCのサブキャラクター、リューイ君です。
子供っぽさはあまり無く、成長した姿になっていますね。
練習と思って描いてたのですが、気づいたら青年に…orz

もっと女の子っぽく描けたらいいんだけどなぁ…難しい。(設定?で女の子のような容姿、となっているので。)

ゲーム絵の制作上、他の方の作品を真似て描くことが多いのですが、結構大変です。
「ここ、どうなってるの!?」とか色々考えたり、絵調を似せるためによくよく観察したり…そういうのも楽しくてたまらないんですけどね…!

いつも作品を描いていて思うのは、「描く側だって大変なんですよ!」っていうこと。
でも、依頼者は、もっともっと大変なんだ、と、いつも思いつつ制作しています。
昔無料で制作依頼を受けていた時に、かなり苦労して仕上げた作品を、依頼者の「都合が変わったので一から書き直して下さい^^」で切り捨てられた時の絶望感。悔しかったけど、そういう経験を何度も積み重ねて、進んでいかなければいけないんだなぁと、そう思います。

さて、まだまだお仕事は残っています。頑張らねば…!

拍手

PR

戻ってきました!

お久しぶりです!arusoraです!

しばらく他のサイトに引きこもってましたが、こちらで新しいお仕事を頂いたこともきっかけで戻ってきました。(2か月前くらい)

こちらでの現在進行中のお仕事は、キャラデザ・顔グラ・立ち絵・一枚絵のお仕事です。

依頼主様のHP
http://chrisnk.la.coocan.jp/


こちらの略称『EDC』、『EL DORADO of the CHILDREN』のイラストの一部を担当させていただいております。

う~ん、自分のイラストはまだまだだなぁと実感する毎日。
もっと、もっといっぱい表現できるようになりたいです…!

ということで落書きを一丁。



なんだろう、今まで描いたことないジャンルの雰囲気というか、独特でキャラ1人1人まで良く織り込まれたゲームで、内心苦戦中です。
今まで好き放題描いてきたツケが回ってきたかなw
でも自身の糧になると信じて、まだまだ完成まで頑張ろうと思います!

絵の練習もっとしなきゃ…!

拍手

Gallery-その他-

----------------------------------
■製作途中置き場
----------------------------------
日記で紹介した落書き状態のものを置いてます。
少しずつ更新してくかもしれないし、放置かもしれない。
完成したらGalleryに追加するかもしれない。

たまに覗いてみるといいかも。

32ebe824.png
○森の泉


○拘束少女

 
○獣人とドラゴンの子供

拍手

荒れ狂う海に

----------------------------------
■詩・単発
----------------------------------

■荒れ狂う海に
 
 
荒れ狂う海に
 
船を出して
 
何処まで行けるのか
 
最果てはあるのか
 
わからぬまま
 
それでもなお
 
船を漕いで
 
何処までも遠くへ
 
行く当てを
 
探し続ける

拍手

夕月夜

----------------------------------
■詩・単発
----------------------------------

■夕月夜
 
 
月が静かに姿を現し、夕闇を漆黒へと連れていく
 
人々はいそいそと家路につき、飼い犬もそれに習い住処へと帰る
 
 
そんな、夕月夜
 
 
ひとり、窓から空を見上げる少女
 
変わりゆく夜の顔に恐れをなしながら、そっと月を見続けている
 
 
月は、どこから来て、どこへ帰るのか
 
そんなことを考えていた
 
 
あたりは漆黒がだいぶ広がり、静けさが満ち満ちていた
 
やがて少女の母親が夕飯に彼女を呼び、少女はそっと窓際を離れた

拍手

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
==================
現在イラスト関連のお仕事募集中です!
==================

最新コメント

[07/03 arusora]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

●○●○●

クラウドソーシング「ランサーズ」