忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書きもの一覧

----------------------------------
■書きもの一覧
----------------------------------

■物語り風ショートストーリー

○ Dの物語 
  こちらをクリック

○ サトの旅立ち
  こちらをクリック

○ 塔を登る少年
  こちらをクリック

○ 朝露を集めに
  こちらをクリック

○ 遠き日の画家は思った
  こちらをクリック

○ そらはかゆい。
  こちらをクリック

○ 大空の風
  こちらをクリック

○ 風に向かう少女
  こちらをクリック

○ 謌唄いの詩
  こちらをクリック

○ 記憶を失った少年
  こちらをクリック

○ コモロとシャボン玉
  こちらをクリック

■詩・単発

○ 雄犬よ雄犬、何故遠吠える
  こちらをクリック

○ 雨降りの月夜
  こちらをクリック

○ 夕月夜
  こちらをクリック

○ 荒れ狂う海に
  こちらをクリック

拍手

PR

荒れ狂う海に

----------------------------------
■詩・単発
----------------------------------

■荒れ狂う海に
 
 
荒れ狂う海に
 
船を出して
 
何処まで行けるのか
 
最果てはあるのか
 
わからぬまま
 
それでもなお
 
船を漕いで
 
何処までも遠くへ
 
行く当てを
 
探し続ける

拍手

夕月夜

----------------------------------
■詩・単発
----------------------------------

■夕月夜
 
 
月が静かに姿を現し、夕闇を漆黒へと連れていく
 
人々はいそいそと家路につき、飼い犬もそれに習い住処へと帰る
 
 
そんな、夕月夜
 
 
ひとり、窓から空を見上げる少女
 
変わりゆく夜の顔に恐れをなしながら、そっと月を見続けている
 
 
月は、どこから来て、どこへ帰るのか
 
そんなことを考えていた
 
 
あたりは漆黒がだいぶ広がり、静けさが満ち満ちていた
 
やがて少女の母親が夕飯に彼女を呼び、少女はそっと窓際を離れた

拍手

雨降りの月夜

----------------------------------
■詩・単発
----------------------------------

■雨降りの月夜
 
 
しとしとと降り続ける雨。
 
窓からそっとのぞくわたし。
 
 
いつから雨が降り始めたのだろう。
 
そんなことを考えながら、そっと雨戸を閉じる。
 
 
それでも室内には雨音がかすかに響く。
 
その音に抱かれながら、わたしは深い眠りにつく。
 
 
月夜は翳り、星の光さえも見えない夜の出来事だった。

拍手

雄犬よ雄犬、何故遠吠える

----------------------------------
■詩・単発
----------------------------------

■雄犬よ雄犬、何故遠吠える
 
 
雄犬よ 雄犬 何故遠吠える
 
白月(はくつき)が翳り、寂しいのか
 
 
 
雄犬よ 雄犬 何故遠吠える
 
夜風が 染み入り 主が恋しいのか
 
 
 
草木は暗闇に沈み 蛙の鳴き声ばかりが 響く
 
響く声音は淡々と ただ遠く どこまでも
 
 
 
雄犬よ 雄犬 何故遠吠える
 
 
 
雄犬よ 雄犬 何故遠吠える

拍手

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
==================
現在イラスト関連のお仕事募集中です!
==================

最新コメント

[07/03 arusora]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

●○●○●

クラウドソーシング「ランサーズ」