忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コモロとシャボン玉

----------------------------------
■物語り風ショートストーリー
----------------------------------

■コモロとシャボン玉
 
 
みどりがみずみずしく弾く、新春の、少し肌寒く、少し暖かな森の中。
 
コモロは小さな、シャボン玉に出会った。
 
それは青々とした緑をより色鮮やかに反射し、
 
きらきらとゆらめいては、
 
また新たな緑を大空の色と重ねて、
 
うっとりと色を変えるのだった。
 
 
 
そばにあった半透明のふきの葉をちぎりとると、
 
コモロは薄汚れた手のひらで、そうっと慎重にシャボン玉を包んだ。
 
 
 
そうっと、そうっと、壊れぬように。
 
 
 
そうしてできたふきの葉を大事そうに両の手で持つと、
 
コモロは家へと走り出した!
 
 
 
風よりも早く。
 
景色は遠のいて。
 
 
 
コモロは勢いよく家のドアを開けると、
 
ダイニングテーブルの上にそっと丸めたふきの葉をおろした。
 
 
そうして今度は慎重に、あの半透明のふきの葉を開きにかかる。
 
 
 
そうっと、そうっと、壊れぬように。
 
 
 
コモロははっとした。
 
シャボン玉は、消えていた。
 
 
 
つかの間、まるで時間が止まったようだった。
 
 
 
コモロは寂しく、クルルと鳴いた。
 
 
 
シャボン玉は消えた。どこかへ消えた。
 
 
 
あの色鮮やかなシャボン玉は、どこへ消えてしまったのだろうか。
 
コモロはちょっと考えたが、全く想像がつかなかった。
 
 
 
コモロは再び、クルルと鳴いた。
 
今度はちょっと、不思議気に。
 
 
 
そうして窓の外の夕暮れに目を向けると、コモロはひとり、
 
夕食の支度を始めるのだった。

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
==================
現在イラスト関連のお仕事募集中です!
==================

最新コメント

[07/03 arusora]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

●○●○●

クラウドソーシング「ランサーズ」