忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

記憶を失った少年

----------------------------------
■物語り風ショートストーリー
----------------------------------

■記憶を失った少年
 
 
心地よい、水のせせらぎで目が覚めた。
ぼうっとする頭を押さえ、あたりを見渡す。
 
ここは、どこだ?
 
小さな滝が目に入った。
 
どうしてここにいる?
 
覚えているのは記憶の断片ばかりで、
重要な、確かな何かを思い出せない。
 
頭をこすりながら、少年は立ち上がる。
体は重く、久々に歩いたような気分だった。
 
「うう・・・」
 
思わずうめきが漏れ、数歩進んだ足が止まる。
 
見上げた空には太陽が高く上がっていて、どうやら今は昼時のようだ、
とぼんやり思った。
 
周囲を見渡し、自分の荷物らしきものを探す。
 
大振りの、リュックが見えた。
 
少年は少し考え、その荷物を漁ることにする。
自分につながる何かが、あるかもしれないと思った。
 
中には手製の書きかけの地図、不思議な文様の象られたコンパスなど、
おおよそ旅人が持っているだろうものがごろごろと入っていて、
自身につながるものは入っていないようだった。
 
諦めよう、そう思ってポケットに手を当てた瞬間、わずかなふくらみがあるのに気付く。
 
少年はそうっと、ポケットの中身を取り出す。
 
それは、しわくちゃになった1枚の写真。
 
二人の少年が写っている。
 
これは、この景色は、この少年たちは。
 
「あぁ…」
 
安どのため息が漏れる。
 
 
思い出した、思い出したよ・・・
 
「ありがとう、ディン・・・」
 

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
==================
現在イラスト関連のお仕事募集中です!
==================

最新コメント

[07/03 arusora]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

●○●○●

クラウドソーシング「ランサーズ」